ロゴ
>トピックス>確定申告前にチェック【住宅ローン控除を利用する方法】

確定申告前にチェック【住宅ローン控除を利用する方法】

お金

住宅ローンで購入した場合、確定申告をすることによって住宅ローン控除を受けることができます。そのため、住宅を建てたタイミングで準備をしておく必要があります。基本的な流れとしては、一年目は確定申告をする必要がありますが、二年目以降は会社員の場合には年末調整で申告をすることができます。そして、確定申告をするにあたって申告書と住宅借入金等特別控除額の計算明細書の作成から始まります。これは、国税庁のホームページで様式があるためそれを使って事前に作成することもできます。始めに住宅借入金等特別控除額の計算明細書を作成するにあたって、土地の売買契約書や工事請負契約書をみて記入をします。その後、申告書に記入をして提出をします。提出方法は、所轄の税務署に持ち込むか郵送で申告をすることができます。

住宅ローン控除を受けるためには必要な書類を揃えて、確定申告をすることが必要です。確定申告は2月16日から3月15日までとなっているため、登記事項証明書などは早めに入手しておく必要があります。そして、申告するにあたって必要になる書類としては、自分で作成する確定申告書と住民票と工事請負契約書の写しと登記事項証明書などが必要です。ちなみに、土地と建物を一緒に購入した場合には、土地の売買契約書と建物の工事請負契約書を用意します。そして、会社員の場合には源泉徴収票も準備しておく必要があります。それに加えて、住宅ローン控除を夫婦で受ける場合には、それぞれ住民票の写しが必要となります。そして、中古住宅で認定長期優良住宅の場合にはそれらの書類のコピーも添付することが必要です。そのため、不備がないようにしっかりと確認をして準備することが大切です。

住宅模型とお金